∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  都美人酒造  酒蔵見学会 2007
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


合鴨米で造った純米吟醸酒

科学肥料、農薬などを一切使用しないお米。

有機肥料を使用し、アイガモを使ってお米の栽培を行いそのお米でお酒を造りました。

 

2008.1.24
有機栽培米・純米吟醸 若宮の雫 


合鴨研究会員・山際さんの田んぼで合鴨農法で栽培された 完全無農薬の酒造好適米「兵庫夢錦」。

健気な合鴨たちの働きと山際さんの丹精こめた酒米は一ヶ月あまり杜氏と醪が語り合い、いよいよ最適の搾りの時を迎えました。

昔が蘇る100年前の手法のてこの原理でお酒を搾る 「天秤しぼり」

醪に櫂を入れながら攪拌を続けタンクから酒袋へと注ぐ。


酒袋は槽の中へ整然と敷き詰め 垂口から鮮烈で華やかな香りを漂わせ純米吟醸が滴り落ちる。




2007.10.12
酒造好適米の稲刈り
洲本市五色町鮎原の水田で安全で安心な農産物に取り組み、完全無農薬を合鴨農法で栽培しております。

見事な黄金色に実った 酒造好適米「兵庫夢錦」の稲刈りを行いました。 機械で刈り取りのできないところは丁寧に鎌で刈り取り。
手塩に掛けた稲穂を大切に収穫、天日干しで乾燥されます。
洲本市五色町鮎原の水田で安全で安心な農産物に取り組み、完全無農薬を合鴨農法で栽培しております。

見事な黄金色に実った 酒造好適米「兵庫夢錦」の稲刈りを行いました。 機械で刈り取りのできないところは丁寧に鎌で刈り取り。
手塩に掛けた稲穂を大切に収穫、天日干しで乾燥されます。
 

■□ 酒造好適米 兵庫夢錦  □■

酒造好適米「兵庫夢錦」は、平成5年に「山田錦」の系統を母方に、兵系23号を父方として誕生した高品質なお米です。洲本市五色町・合鴨研究会は安全な農産物の生産を目的に無化学肥料、無農薬栽培に取り組み農林水産省が認可する有機JASを平成14年度に取得しました。都美人酒造株式会社では合鴨農法で育てた兵庫夢錦で純米吟醸「若宮の雫」を造ってます。 


酒蔵開放             平成19年03月18日

春の心浮き立つころ、都美人酒造の春のイベント
酒蔵見学会とアイガモ農法で育てた酒米を使った 新酒「若宮の雫」の発売記念会を開催させ
ていただきました。島内外の日本酒愛好家など130名の方々にご参加いただくことが出来ました

 

新酒 純米吟醸「若宮の雫」わかみやのしずく  開会のご挨拶・五色町合鴨研究会 会長武久様

都美人・木下社長から開会の挨拶        酒蔵見学会のご参加ありがとうございます

合鴨研究会のアイガモの焼き鳥        酒蔵自慢の吟醸粕で作った甘酒

大釜の容量当て・酒樽の重量当てクイズ      真剣な面持ちでの利き酒コンテスト
 
大釜の容量と酒樽の重量のクイズに投票      全問正解を目指して吟味を重ねる参加者

無限庵で 酒蔵秘蔵のお酒、薄っすらにごった搾りたての大吟醸を試飲、

吟醸粕の得々会場 ・ 風味豊かな吟醸粕を詰め放題。会場担当は営業部の福原君

だんじり唄の司会進行とご挨拶は安全で安心な農産物を目指す五色合鴨研究会の笹田様

伝統文化 ・ 五色の姫の皆様に だんじり唄 「岸壁の母」をご披露いただきました
 本日快晴 イベント日和

お見事でした! 正解された方への表彰式。 大釜の容量・2200リットル 酒樽の重量 88キロ  

ご参加いただきまして社員一同、心より御礼申し上げます。ありがとうございました

イベント開催のご案内をメールでお知らせいたします。登録はこちら → おのころ通信お申込み
 
純米吟醸 若宮の雫

昔から淡路島で一番の米どころといえば五色町・鮎原
恵まれた環境の中で五色町合鴨研究会員・山際さんの豊かな経験と合鴨達のけなげな働きで
完全無農薬米「兵庫夢錦」がこの地で栽培されています。

酒造好適米「兵庫夢錦」は播州の一部地域だけで栽培される品種ですが
山際さんの田圃だけ特別に種子をいただき耕作されています。
都美人酒造株式会社 兵庫県南あわじ市榎列西川247 0799-42-0360 >>>> Back